2018年1月24日水曜日

桜梅桃李

人はそれぞれである。

皆一緒になったら面白くないじゃん!!
正しくその通りです。みんな違うから、面白い。
勿論衝突も悩みも発生するけど、でも面白く有意義に違いない。

均一な人の集まり程つまらないものはない。
そこを、常に念頭に置いて人に接している。

昨年新入社員研修した会社が、リピートしなかった。
凄く好評でアンケートも満点に近かった。営業も喜んでくれて企業の担当者も喜んでくれた。繋いでくれたエージェント会社からも、嬉しい評価を頂いた。来年もこの会社張り切って取り組もう!と思っていた。
でもリピートしなかった。

理由を聞いてみた。すると驚いたことに昨年研修の後にクレームぽいお話が来ていたとのこと。1年も経過して又聞きなので内容が詳しく判らないのだが、私の発言の中に社員よりの発言があり、それを人事の上層部が気に入らなかったらしいのです。

私もよく覚えていないけど、多分有給に関する質問があり、それにこたえる形で話した内容が会社として引っかかったらしいのだ。

私のスタンスは、先に書いた通りである。研修講師としては目の前の社員が末永く有意義に働き成長していくためにはという視線や軸で接している。エージェントが私を評して言うことが有る。

「野呂さんは、本質コーチなので請負研修講師とはかなり違いますね。」

誉め言葉だそうです。つまり軸がぶれないので、依頼する=結果が明確に予測でき安心できるだそうです。

さて、桜梅桃李!私はそういうふうに思っているけど、企業の幹部にはまだまだ桜だけが良いと思っている人がいるんだな!と感じた次第。

2018年1月23日火曜日

ヘンリー・S・ストークス氏

「欧米の侵略を日本だけが撃破した」悟空出版の著者です。

この本をぜひとも多くの方に、是非読んで欲しいと思っています。日本とはどんな国なのか?学校では決して教えないという、おかしな教育が成り立っている日本において、史実を知ることのできる本だと思います。

あれこれ本の宣伝をするつもりはありませんが、侵略戦争と唱える前に歴史は直視すべきだと思うのです。当時の価値判断や思考の流れで判断しないと駄目ではないでしょうか?今のさらに自分の感情判断で、過去を断罪しても何も変わりません。

この本に限らず史実を伝える良書は沢山出ています。
是非、目を通して欲しいと思うのです。

2018年1月22日月曜日

FIAT500の世界 187 ~ちょっと・・・~

今日も元気に動いているチンクです。

こんな書き方すると、元気に動くのが普通ではないかのように印象与えますが、そんなことはなく普通に元気なのです。

ただ、購入当初から書いているアイドリングの息つきが気になってね(^^ゞ

そこが徐々に大きくなっているので、なんかあるかな?と心配はしています。アイドリングの息つきとは、停車中のアイドリング状態でたまにですが、失火して燃焼しなかったような感じで回転が一瞬下がり、振動する現象を言っております。

正規販売店では直せなかった現象です。どこか直せる専門店があるのでしょうか?色々調べているけど現時点で不明です。この現象が私の車だけの話ではないようで、事例はいくつかあるようです。

今の車は、高度な電子制御しているので、機械的な不具合というよりバグではないかと疑っているのですが、明解な回答はありませんので真実は不明です。

まあ、エンジンが止まることは無いので、特に困っているわけではないのです。だからほったらかしにする方向で様子見しています。これ以上、悪化しないことを祈っています。

2018年1月19日金曜日

自分がもっと汗をかける場所はどこか?

自分がもっと汗をかける場所はどこか?

そんなことをいつも考えています。自分がもっと汗をかける場所!特にここ2年程で強く思うようになりました。

良く人にアドバイスするときに、
「あなたの出来ることと、したいことは何ですか?」
なんて聞くことが有るのだけど、これとはちょっと意味合いが違うのかな?と感じる。

どうなんだろう?
汗をかける場所としたいと感じていることは、なんとなく違うと考えているのです。たぶん出発点が違うのだろう。汗をかける場所というのは夢中になって取り組むことで、それがしたいことになっていくもので、したいことは今の自分が気づいている中で漫然と汗をかいても良いかな?と考えていること。

こんな風に考えている。

今も多くに人から仕事の依頼を頂く。実にありがたいことである。仕事って自分の為に行う行為だが、自分の為に行いながら結果的に他人のお役に立っている。つまり他人の為になっているというのが私の理想。

他者貢献というけど、決して奉仕ではなく自己成長のための他者貢献であることが大切。
そんな意味から「自分がもっと汗をかける場所はどこか?」を探し続けている。

2018年1月18日木曜日

受け入れられない人

心に思考に柔軟性がない人っていますね。
自分の考えに凝り固まっている人というか、自分がいつも正しいと思っている人とかね。

先日、とある勉強会にもそんな人がいました。

そんな人って、多分こういわれているんでしょう!
「あの人ちょっと変」「あの人変わっているね」

勿論、人と違うことは何の問題もなく個性で良いのではないかな?ただ、場の空気を読むということは他者を信頼することに繋がるので、その空気をひたすら乱す人は結局排除されてしまうのかな?と感じます。

自己主張と他者配慮は、両輪ではないかと考えています。

ある勉強会で出会った人は、色々な難癖付けて結局私には会わないと結論付けていたのです。別にそれがだめだとは言いませんが、なんか寂しい人だなぁ~と。